file.1398;『下弦プラズマジーン』


20131220


        果て無き苦難が 耳を塞ぎ 瞳 閉ざせば
        感じるべき次元(セカイ)は いつまで傍にあるだろう…?

        別れの蒼が 暮れゆく影に問うなら
        探し続けた理想に 辿り着くだろうか

        ある晴れた日の phi 静かに確かめる実在を
        光る波動 飛び越えて 今より高く
        加速して向かう先 仰いだを胸に刻め
        辿りゆく神話に 時の中 育まれる螺旋が


        逆さの扉が手招く夜 私は独り
        信じるべき明日アシタは いつ幕を開けるのだろう

        良く知る蒼の傷跡 触れた心で
        迷い続けた昨日キノウを 手繰り寄せるだろうか

        と或る目覚めの phi 秘めし情熱の向こう側を
        垣間見れば 君の手は 音色オトを奏でる
        空が傍にあるように 呼吸イキの支配する世界が
        繋ぐ下弦の月 この誓い 生き続ける蒼の
        辿りゆく神話に 時の中 育まれる螺旋が…



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.