file.1397;『第一章』


20131218


        窓から少し離れ 音のない此処は
        傷付くことに怯える ヒナドリの巣箱

        いつでも そう…
        期待で満たしても 空を切る感情
        痛みに触れる度 弱くなる心
        想いは 踏み出すことさえ躊躇い 立ち止まる

        暗闇より 羽叩き 風を攫え
        貫ける言葉で 時を破れば
        澱みに足を取られることなく
        迎えよう ツガえる未来を
        両の手に収まる物語 第一章が幕を開ける


        閉ざされたページには 音のない文字が
        横たわり佇む 人の記憶の中で

        いつしか そう…
        知ることを諦め 知らされることだけ
        受け入れて散るから 薄れゆく心
        想いが 再び息吹き返すこと 信じて

        暗闇より 羽叩き 風を攫え
        貫ける言葉で 時を破れば
        澱みに足を取られることなく
        迎えよう ツガえる未来を
        両の手に収まる物語 第一章が幕を開ける


        人の道は 予測ヨメない物語で
        糸を紡ぐように 生まれ来るもの
        灯りを感じる方へ向かえば
        何処からか エニシは現れ
        両の手に収まる明日アシタへと 第一章が幕を開ける



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.