file.1392;『陽炎の街』


20131215


        さよならを紡いで 冬の雪は
        遠く街の灯り トモしてゆく

        痛みを知って 寒さを感じれば
        優しい光が 恋しくなる

        思いは 気付かず通り過ぎてゆくもの
        言葉にして初めて 生まれるもの
        期待するだけの心の先で 待っていてくれる人は
        本当は とても少なくて…


        今までの思い出 振り返れば
        遠く街の眠り 芽吹いてゆく

        逆らうことに 未来さえ賭けると
        わだかまっていた 昨日の私

        陽炎のように 其処には無いモノばかり
        追い求めていたのは あなたも同じ
        真っ直ぐ向き合って笑い合えば 来た道の半分でも
        救われることに なるのなら…


        期待するだけの心の先で 待っていてくれる人は
        本当は とても近くに居て…



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.