file.1391;『エリュシオン』


20131116


        戻れぬ澱み 深い泥濘ヌカルミだけが
        これで最後だ、と 深紅の糸を断って 前を向くけれど
        旅立つ魂は もう私を助けてはくれない

        踏み出そうとする時 背中を押してくれた手は何処にもなくて
        確かな喪失だけが これからの世界を形作り
        can you see Elysian Fields?

        共に歩み 共にツイえ 共に刻めと
        良く知る者の声が 扉に手を掛ける
        幾つ 悲しみは 私を踏み越えゆくのか
        幾つ 喜びは 私を絶望へとイザナうのか
        それでも扉は遠くあり あなたは私に道を歩ませる
        その意味を いつか知る時 wherever i go
        傍には愛が…


        音の喪失 昨日までの色さえ
        望みを裏切り 夜は朝を拒むよう 光も遮る
        届かない翼へ 手を伸ばす度 幼さを知った

        強くありたい 何度 繰り返しても 思うトコロまで届かない
        この場所から動けずにいる今は だ会いにはいけない
        can i see Elysian Fields..?

        時に揺らぎ 時に笑い 時に涙し
        それでも その絆が 確かなモノとして
        今を 支えれば あなたに伝えられる そして
        今を 越えるなら あなたを思うことに感謝できる
        永久トワを望むコトはないけれど 何気ない言葉で紡ぎ続ける この世界
        わたしは とてもとても そう…
        気に入っている


        踏み出そうとする時 背中を押してくれた手は――
        so can i see Elysian Fields with you.

        その意味を いつか知る時 wherever i go
        傍には愛が… きっと光が…



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.