file.1384;『 multiple regression 』


20130830


        夏空の終わりに エガかれた昇りゆく白き竜を
        見送る隣には もう星が命の終わりを迎えていた

        僕の魂 それさえ誰にも見えないままで
        僕の姿は 何処に存在を証明すればイィ…?

        誰もが 血を流し佇む街角
        当てもなく光 探し求めている
        流し続けてる涙 目には見えない傷がアカく滲んでも
        人々は 興味なんて持たない他人事(ヒトゴト)に引き摺られては
        息が詰まる エクスハティオ 空に昇る竜のように
        解き放たれることを 望んでいるのかな…?


        何処にも居場所なんてナイのは 分かってるのに
        目を細め 上を向いて息をいた瞬間 断片カケラが零れ落ちそうで

        僕が どんなにボロボロなのか
        誰にも知られず生きていくのは そんなに難しいコトじゃないけど

        生きる意味を 繰り返し問い直して
        自分の価値を 数に置き換えてみたり
        一日 終わる そこから始まる 出口のない牢獄は続く
        この水が 姿を変えて生きるというなら
        いつか僕らも同じように
        エクスハティオ 姿が違っても また
        この地に迎えられる 命に成れるのかな…?


        エクスハティオ 発生ウマレるコト 信じるコト
        エクスハティオ 疑うコト 消滅ナクナるコト
        示してゆく 宿してゆく エクスハティオ

        夏空の終わりに exhatio 僕等は空に昇る竜を見た



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.