file.1382;『深奥幽玄』


20130827


        明かりを遮る 窓を叩く
        流れ星 一つ 夜空の涙
        黄昏 越え 始まる
        (トバリ)下りる 刻まれる(ヨスガ)
        誰もが窓の外へ
        黎明の終わる(オト)が響く
        彼の人は もう夢幻(ユメ)の中
        ノアールの園へ 落下(オチ)ている
        もし唱えてみたなら
        NORゲートを壊せますか?
        我を通してきた 昨日までの私を
        辿って 此処まで来たのだから
        read your mind and will reflect it to oneself.

        其処から生まれた 新しい朝が
        連綿と続く歴史を生み
        春の巡る時の扉が(ヒラ)

        海の底 積もる大地
        創造の波が うねりあげて
        野晒しの空へと
        呼び掛ける
        運命に繋がる道を探して
        永く永い 時間(トキ)を掻き分け
        誉れ高き その名 受け継ぎ
        mm..
        閉ざされた地球(ホシ)内側(ナカ) 臨み立つ
        発生(ウマ)れた意味が 私を突き動かす
        no more sadness, i will go there.
        善く生きよと 声のする方へ
        嘘と信じれば ソレは幻
        何を選ぶか 想い傾く方へ


        その記憶に刻まれた色は
        霊境(レイキョウ) 写し取った鋼色(ハガネイロ)
        電界(デンカイ)より(キタ)りて
        今を染める 1111
        手を繋いで呉れませんか…?
        誓いなき雨が 哀しくて
        夜風には 呼び名が無くて
        月の欠け始めた暗闇に
        永久(トワ) 願うも 届かず
        封じられた (シルシ)()
        深淵 覗くあなたと目が合うでしょう
        義務などではなく 手を伸ばして
        流れを掴めるのなら

        失くしたモノ 指先に触れるまで
        二兎 追い駆けては 擦り抜けてゆく
        過去を繋ぎ 再び握り締めて

        香炉 ()く 仕種 真似た
        野菊の綻び 今は昔
        無音の追憶が
        根差すのは
        似ても似つかぬと 微笑む私
        残してきた 追慕の情が
        こうしてまた思い出されます
        sealing..
        照りつける日差し 虹 伸びる空
        雲間から 顔 覗かせるも束の間
        let me be and take care of this.
        流転(エガ)く 筆の先 宿る
        隠された言葉 繋ぐあなたと
        螺旋 ホドき 奏でる余韻 時雨れて



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.