file.1380;『 street black 』


20130812


        この場所に道を作る
        決めたのは 確かに あの日の僕
        一歩踏み出す度 傷は増えて
        明日アシタを恐れていた street black
        何が生きるコトなのか その始まりは
        何処にあるのか この高い塀の先だろうか…?

        途切れる地平を 僕はこの目で見たんだ
        干上がった海のように キミのは消えて
        燻りさえ空を昇り切って 一つの虹にけた
        ソレは星のライセンス

        エガいてく今を 規範の中の今を
        存在の多機能と 滝の音
        揺らいでいた決意の見つめる夜が落ちれば
        ヒトは孤独の向こう側へとける
        彼女は そう信じていた


        雨上がりの空気には
        幾つもの 痛みの匂いが混じる
        閉ざされたままで良い 暗がりには
        キミが横たわってた… street black
        どんなモノにも訪れると 聞かされた
        その優しい手が 何かを連れ去った瞬間に

        僕は何処に居たんだろう? 何度も問い掛け
        この扉に出口など無い 閉ざされていたい
        凡てを見通せるような機能を 備えなかったコトを
        何度も悔やんで今も…

        ただ生きるコトだけ ソレで良い筈なのに
        どうして こんなにも 奪われてゆく?
        絶えず暗闇から 伸びる手の温もりの罠
        見上げるコトは もう出来ないと知った
        あの夜 so we are street blacks..



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.