file.1379;『 broken drive 』


20130806


             黒翼の舞い降りる空は 雨に濡れ
             月明かりの届かぬ 海の底で
             膝を抱えた 片足の僕 broken drive

                     抑制と規律を 守り
                     確実な一歩を刻む度
                     何かが壊れてゆく音がする

         保つべきヒトのカタチは 何処へ忘れ去られ…
         何かが握り潰してゆく 有るべき仕合せの24時間
         コレが 求め過ぎた代償なのだろうか
         誰にとってのトクベツに 成りたかったのか…
         ユガむ感情のホドき方を 誰かが探す
         だから 僕等は次の春へと365日イチネンを歩み続ける


              自由に飛び立てない月は この空に
              鎖で繋がれ 藻掻き苦しみ続け
              こんなに現実イマを 嘆く存在 前に

                                    どうすれば 満たされるのか
                                    考えずにいられない僕は
                                    ヒト一人の重さを失念する

                  守るべき夢の記憶は 誰が覚えていて キミに手渡すのか…
                  地上ココでは正しさの一つと数えられていて
                  誰にとっての トクベツを演じるべきか
                  個人的要求と共に 自業自得であり
                  現実と虚構の境を彷徨った挙句 ヒトは
                  キミを 虚構と認識したんだ 違和感さえ無視したまま


              よく考えもせずに 踏み出した道だったケド
              意外にも僕は この現状に幸福を見出していて
              未来さえ 現時点イマを超えるコトは不可能と
              そんな判断ジャッジで 苦しみを終わらせようとした


                    ……どうすれば 満たされる…?
                                               i'm a broken drive..



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.