file.1367;『 i'm nothing is here 』


20130516


        終焉までは 何を願っても良いというの?
        思い出すのは いつも擦れ違うユガんだ声

        罪を背負うことを厭わぬ者たち
        溢れ出す過酷に 折れていった者たち
        夢に向かい走る者たち 凡て
        動き出したことから始まった

        you're good to go!
        この地で そのイノチに生きる魂よ
        功績を求め 作り出す過程を
        「奇跡」と唱歌する者たちの爪に
        倒れることなきよう… 言葉を紡いだ瞬間
        流れ始める そのチカラに 押し潰されないで
        影を操る意図は キミを恐れている
        give readiness to be opposed to.
        切り抜ける道を 探し当て go round


                    ユルガせにしておいたのは自分で 余りある
                    時の流れに 恐れをなしたようでもあって

                    許容量を超えて迫りくる神が
                    人の世界の思い出を書き換えてゆく
                    分離された既存の価値が 今も
                    何処かに潜んでいると知る時

                    i'm nothing is here..
                    この身で証明したい 散りゆくカケラ
                    歯痒さに いつも苦しめられるケド
                    「ひとり」と思う瞬間に訪れる
                    あの人の差し伸べる 手が脳裏をぎって また
                    泣きながら癒される そんな夜が 過ぎてゆくよ
                    僕は立ち上がれるし キミは大丈夫さ
                    give readiness to be opposed to.
                    誰もが拒む その先へと go round



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.