file.1360;『功罪』


20130425


        正しいモノの存在を 引き千切った瞬間に始まる功罪
        弾き出され 枝を失った雛鳥ヒナのように

        迷い道を照らす明かり探して
        僕らは歩き出した でも
        起動したばかりの感情が揺らぐ
        そんな小さな間違いも 許されぬまま…

        誘導された異常終了アベンド
        創り出された美しき社会で 孤立する
        ユガんだ言葉が 破壊してゆく
        時を超えて 今も未だ生き続ける悪意
        電子の繋ぐこの場所で
        ヒトは立ち上がるコトを知るのか…?
        それとも道は塞がれ 永遠に閉ざされるのか…?



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.