file.1353;『 neoteny 』


20130311


        私のヒトミは深い暗闇に慣れて

        歩き始めた頃の気持ちを見失ってゆく。



                                   私には人生の一番上が見えなかった。

               始まりなのか終わりなのか、

                              周りと比較して自らの位置を知ろうとする幼さが

                      私の感覚を狂わせていた。



             成熟の意味に惑う今、

             ソレは蛹を意味するモノか、それとも幼形成態を疑うモノか…。


                                                                    二つの扉が私を選ぶ。



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.