file.1343;『 rain-call 』


20130127


        何かが繋がる瞬間の音は
        止んでしまった雨音のよう
        ずっと聞いていた筈なのに
        もう 思い出せない囁き

        記憶を言葉に変えられるとしたら
        私はあなたに何を伝えるでしょう?

        薄れゆく意識に抗えずとも
        繰り返し目を覚ますのは
        疑う余地もなく 私が生きている証拠で
        慈しむことを忘れた機械時計は
        仕える者を見送りながら 時を超え
        叩きつける冬の雨に また目を覚ます


        苦しむ痛みが直接響いて
        胸に仕舞った雪花ユキハナ模様
        「そっと包み込む風に成れ」
        そう教えてくれた思い出

        期待と孤独に続く道を辿り
        誰かがあなたに愛を教えるでしょう

        積み直す位置からは見えなくても
        途切れたココロは繋がる
        諦めかける時 私が問い掛けることで
        例えれば ソレは古びた機械時計で
        呼吸イキ吹き返す時を待つ 一つのイノチ
        臆することを未だ知らぬ 気高きヒカリ


        何かが繋がる瞬間の音は
        止んでしまった雨音のよう

        薄れゆく意識に抗えずとも
        繰り返し目を覚ますのは
        疑う余地もなく 私が生きている証拠で
        慈しむことを忘れた機械時計は
        仕える者を見送りながら 時を超え
        叩きつける冬の雨に また目を覚ます

        ソレは 雨音と成り
        それこそが 希望の鐘の音



Copyright (C) 2013 8186*60 all rights Reserved.