file.1322;『コンクリーション』


20120606


        僕が僕であることさえ忘れてしまえる
        そんな曖昧な電気信号(シ グ ナ ル)

        未発達の幻想が 発行する権利
        無情の永 久 機 関(ペルペトゥウム・モビレ)

        より未来へ向かう為 僕らの足は一歩前へ
        闇払い 突き抜けた先 それが呼吸を示す地図
        この核を 人々の回路に(ソナ)えたならば
        きっと誰かが 僕の世界を忘れない


        不規則性から解き放たれ完結する
        未発見の化合物は

        死角 持たぬ次元へと 適応しながら
        拒絶を推奨 予測地図

        着想から浮上する 制御の対象はキミを
        (サラ)う為 一人一人の記憶に ロックを掛ける
        真実を(カドワ)かすような雨音に変わり
        昨日のことも 僕の世界も遠くへ…



Copyright (C) 2012 8186*60 all rights Reserved.