file.1319;『 sense 』


20120521


        役目も遂げず 揺り篭 揺らし
        希望の光 手にせぬままに

        私がココに居ていいのか…という
        意義を問う意味は

        夜に触れて 闇を知れば
        孤独は疎外感へと 移り
        流れてゆく あの川のように
        海へ還ることを 願い始める

        ただ 一つ
        凪の世を羨みながら


        その振る舞いは 毅然としても
        不確かに生きるばかりの雛

        静寂を揺さぶる 千の息吹が
        偽り、(イザナ)

        暁より 始めた恋心
        今も 夜露を凌ぎ
        今宵 (エニシ)契る夢へと
        深く沈みゆけば あや月鏡(ツキカガミ)

        空 流れ
        玉響(タマユラ) 纏う影法師



Copyright (C) 2012 8186*60 all rights Reserved.