file.1314;『庶幾(ショキ)


20120402


        あなたの 何処かに そのキズは あって…
        刻まれた筈の 記憶 封じてる

        約束に遅れ 遠ざかる人々の賑わい
        抑揚なき足音が 待つだけの身 追い越してゆけば

      「いつか」夢見て 幻と知って
        時を呪って ココロは散って
        未だ見ぬ明日(アス)まで 絶てぬ音に包まれて
        禁じられた物語 紐解いた罪が今
        一人 断ち切ったとしても 誰かが続き紡ぎ始めるの


        幻日(ゲンジツ) 陽炎(カゲロウ) 雲間に揺らぐは
        蒼天 掻き消す 夜色(ヤショク)に近き(クサビ)

        徒然なるまま 流され続け 気付けば さやに
        煌き さざめく愛 手より零れ 時 既に遅く

        知り尽くしたと 瞳 閉ざす者
        振り返れば ソレはあなた
        そして私へと 繋がる流れ断ち切り
        起死回生を願って 手を尽くした その先
        曇り空を越えた場所は 光に満ちている筈…と


        見過ごされがちな法則 流れる景色に紛れ
        世界の扉 超えた向こうで――

        そしてあなたへと 繋がる流れ 継ぐ先
        意味さえ忘れる程 仕合せを享受する
        有り触れた毎日が ただ 人々の両手の中に…



Copyright (C) 2012 8186*60 all rights Reserved.