file.1303;『メモリ』


20111231


        決まった線まで 水を入れる
        呼吸できるギリギリのライン

        至らないトコロ ばかりが目に付く私を
        外に連れ出して呉れる 鳥のように

        世界に生まれてきた それだけの
        それだけの存在でイィ

        例え気休めでも 迷子の私には
        目の覚めるような コトバだった

        欲に溺れ 泳ぐことも出来ず
        涙の泉 ソラに成れると知らず
        涙の腺 カラに成ると知らず

        朝陽に続き 生き続けるコトを
        窮屈に思っていた 過去も連れて()けば

        今日までのメモリが これからの踏み台



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.