file.1292;『幻の蒼天』


20111204


        蒼天 覆す
        鈍色の矢が降り注ぐ
        優しくされても 罠だとしか思えなくて

        憧れたソラも 懐かしいヨルも
        ウソが作り出した 幻の楽園

        焼ける地平 隠した首
        転がるイノチの水滴(シズク)
        扉を()けて その扉を()けて
        やがてヒトは ココロ塗り潰し 裂けてゆく
        流星(ナガレボシ)のように 燃え尽きて 消えてしまうの


        許しを請う代わり
        強き者に傅くなら
        ワタシは(シカバネ) 何もかも失くした人形

        許されるコトが 生きる希望だと
        誰かの囁きに 惑わされるままに

        傷付ければ 傷付かずに
        済むのだと信じていた
        幼いカケラ 割れる時に知るの
        もう扉は (ヒラ)いた (ヒラ)いたのだと 嗚呼
        あのヒトは流星(ナガレボシ)のように 消えてしまった


        焼ける地平 隠した首
        転がるイノチの水滴(シズク)
        扉を()けて その扉を()けて
        やがてヒトは ココロ塗り潰し 裂けてゆく
        流星(ナガレボシ)のように 燃え尽きて 消えてしまうの



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.