file.1285;『ミナモト』


20111001


        生は死を揺るがす存在
        基幹に亀裂成す存在

        峠を越え
        人々は飛び立つコトを選び
        やがて巣に篭り
        生命の終わりを待つコトにした

        投函する孤立
        統監する愚劣

        興味の対象がタダの錯覚だと気付いても
        引き返せぬ狭小が私を支配する

        連星の絆が空間を超える時
        交われる筈もないモノが私の許へと降り立つだろう

        瓦礫を集めて出来た地だとしても
        それこそが求めて止まぬ楽土だと知る

        生が死の発生を促したのだとするなら
        私たちが排除しようとしてきたモノの正体は――



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.