file.1265;『歯車』


20110707


        この手の中 包むぬくもり
        水面(ミナモ)に映るのは 永遠の一つ星

        出会いで始まる その道から
      「別れの日は決まっていた」と

        もしも あの時
        目を閉じていれば
        この思いを知らずにいたのかも

        立ち上がる キミが望んだ
        キミと共にあったボクのように
        何が隔てようとも 「夢」には させない


        振り返れば 今という日は
        不確かな世界で 足元を確かめる

        この影法師が キミに続く
        確かなミチシルベと知れば

        時計の針と
        交差するフタリ
        互いに気付かず 歩き去っても

        離れても 断たれはしない
        一から築いた信頼だから
        道が見えなくとも ボクは見捨てない


        振り返れば 今と夕陽(ユウヒ)
        不確かな境目 明日(アシタ)を照らす光

        立ち上がる キミが望んだ
        キミと共にあったボクのように
        何が隔てようとも 「夢」には させない



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.