file.1263;『暗涙』


20110622


        月の()に 嵐 願う
        そして ひとつ 迎えを待つ

        真っ直ぐ 歩いていても
        キミは 孤独から離れない
        後姿に見える決意 虚無を生む陽炎

        咲かぬ花に 振り返るヒト
        どうか そのまま 歩き去って
        ココは闇の領域
        留まらず 光の先へ
        手の届かぬ空 続く世界へ


        形無きココロ 欠片
        ココには 未だ 辿り着かず

        玉響 微睡みゆけば
        春は (エニシ)深き夕暮れ
        閉ざす瞳 滲みし(ナミダ) 一片(ヒトヒラ)拭う虹

        舞い(ヒラ)けよ 美しきヒト
        いざや 思いは 遥けし世に
        はら…と 足元に散る
        この闇に慣れぬイノチは
        雨夜(アマヨ)の月へと 嵐を願う



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.