file.1248;『特別なファイルの開き方』


20110617


        足跡の直ぐ傍 並んで歩いた
        (イビツ)なサンダルの跡が ヨロけながら続いてる

        波が寄せる 私を呼ぶように
        だけど 未だ あの地平線の向こうには行けない

        思いを詰め込んだボトル 握り締める
        流せば良かったのかな でも手放せないね…

        あれは雪の降った 真夏の(ワダチ)
        遅過ぎる夕暮れを 離れ離れに見ていた
        トクベツに思えるモノ 凡て残して
        私たちの出会いは 別れで終わった


        私は元気です この季節になれば
        夢から生まれ覚めぬまま 叶わなかった約束

        あの一日 永久(トワ)(トド)めましょう
        砂の城を築くように この手でカタチ作れば

        悠久を選ぶコトより 果敢なくても
        痛みの上に世界は 築き上げられてく

        身に成らぬモノ 一つとしてナイと
        私に成らないモノ アナタが攫って行った
        トクベツの意味を知って 星空見上げる
        私から零れたイノチ 夏の星座


        いつも泣きたくなる時は 触れずに
        仕舞ってあるから 最高の微笑み浮かべて
        トクベツなファイル一つ 「無題」と付ける
        私だけが開くの あの波の音を

        あれは雪の降った 真夏の(ワダチ)
        遅過ぎる夕暮れを 離れ離れに見ていた



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.