file.1229;『光波』


20110418


        孤独な時計 紛れゆく律動(リズム)
        目覚めさせたのは 私じゃなかった…

        ドアを開け放つ 森の奥には
        光明(ヒカリ) 差すこともなくて

        時を戻るなら 凡ての選択肢を
        連鎖の先 凡てのイノチ 奪う覚悟を

        届かない気持ちさえ 輝きを持つから
        夢を打ち破れ
        ココにある現実を 超える未来 求めるなら
        風の向こうにも 歌はあるのだと そう
        答えを問う意味も 見つけられる


        未読の世界 書き綴るリズム
        口遊(クチズサ)んだのは 私じゃなかった…

        なのに何故 ココに立ってるんだろう
        価値も認められないまま

        道を辿るコト 凡てを捨てきれず
        連鎖の果て 凡てを嘆くような覚悟も

        幽玄(ユウゲン)を彷徨って 堕ちてゆく世界に
        誰もが夢見る
        ココにある現実が 自分の凡てじゃないと
        人知れず歌う 「ひとりぼっちのうた」を
        光波(コウハ) (サソ)う声が 奏でる旋律(オト)


        届かない気持ちさえ 輝きを持つから
        夢を打ち破れ
        ココにある現実を 超える未来 求めるなら
        風の向こうにも 歌はあるのだと そう
        答えを問う意味も 見つけられる
        光波(コウハ) (サソ)う声が 奏でる旋律(オト)



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.