file.1227;『波音』


20110417


        移ろいゆく 視線のトナリ
        窓に映る姿 見詰め

        何を思うの?
        ゆらゆら 舟に二人
        そんな夢でも見てる…?

        旅立つ姿 振り返っても良い?
        その門出 喜びたい


        掠めるような 視線 気にして
        指先が震えてたりね

        何の為なの?
        誰より 知りたかった
        今も信じられない

        波間のヒカリ 思い出を浚う
        その角で また会いたい


        二つの世界が交差する時
        私が選ぶのは どちらの未来…?

        海の底は暗くても イノチは生まれる
        私がアナタを(イダ)くように

        波間に 私は居る
        この海は アナタでした


        サヨナラの言霊のように
        サヨナラの行方のように



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.