file.1223;『カケラチカラ』


20110407


        弾き出されたナニカの欠片
        この胸の螺子だった

        厳密なハナシなんて 要らない
        ただ一言「ソレデイィ」と

        受け入れ 認められるなら
        怪しい霧の中から 抜け出せる気がして

      「マトモだ」と 言葉では何とだって云えるケレド
        あと一歩 本音に踏み込めば 流れてく幻想
        風が吹き散らしたアトの 上に建つ 存在(ボク)


                                            押し付け合う何気ないカラー
                                            あのヒトの色だった

                                            錯乱の果て 見えないチカラで
                                            押さえ付ける正義感

                                            強迫観念を手に
                                            探し出すアイテムは どんな(ツルギ)なんだ…?

                                          「旅立ちは始まりじゃない」と 追い越してゆく風
                                            (ユガ)みを正してゆくのは 正しいものとは限らない
                                            (ハグ)れた僕らが 手にする 夜


                           淀みの中から 生まれて
                           揺り篭の中に戻れば… 其処がハジマリの地

                           どれだけの背を見送り 空が赤く染まるのを見て
                           僕らは 暮らしの一部に組み込まれてく
                         「明日(アス)が今日の続き」だと 今も 信じてる

                           風が吹き散らしたアトの 上に建つ 存在(ボク)



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.