file.1221;『木霊』


20110327


        今を 何度 繰り返したら
        雨の向こうから 木霊が返ってきますか…?

        途切れ途切れの呼吸に
        白い息が 応える

        窓の外側で 私は一人
        誰もが 灯りの付いた場所で
        アナタから遠く 離れた私
        木霊さえ 聞こえない


        嘆き 一つ 零したならば
      「仕合せは 二つ逃げてしまう」と聞いてから

        溜息を封印した
        この気持ちを 失くさない

        違いさえ 受け止められるように
        手と手を繋ぎ 目を合わせて
        笑い合えば 疑心暗鬼だった
        私が ()けてゆく



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.