file.1220;『☆彡』


20110325


        一人一人の 思いが重なる時
        別々の道を 行く人々が
        擦れ違いながら 交わす笑顔
        何故 涙が溢れ出すの…?

        行き先が違う それは当然で
        其々に「生き方」があるのだから

        年を重ねる毎に 奪われゆくモノと
        変わらないだけ 手に入るモノと
        僕らは誰かと関わる度 立ち止まる


        流れゆく日々 共に立ち向かう友
        触れられぬ場所に 居たとしても
        時が結ぶ この誓い 決して
        もう 二度と離さないよ

        信頼というキズナ秘める
        一滴のキラメキ()いていたい

        消えてしまった流れ星を 掬う誰か
        笑顔で分かる 痛みの深さが
      「いつか報われる」 そう笑えば そんな日は


      「もう直ぐソコに来ています」 と言葉にして
        手を差し伸べる光景を 信じられる



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.