file.1213;『ルツボロ』


20110312


        哨戒(ショウカイ)の空 滲む雨雲
        鳴き声だけが響く 春の泡沫(ウタカタ)

        棘の刺さった足を見て 誰かが泣いた
        私は ただ ソレを眺めていた

        相剋(ソウコク)を裂く 切っ先
        正鵠(セイコク)を射んとする君

        紛れもなく 唯一無二の瞬間
        生命を問わず 飛び込む

        その坩堝炉(ルツボロ)が 口を開ける



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.