file.1209;『千の矢』


20110311


        千本の矢が 私を貫く
        取り巻く吐息の数を 数える

        思考の終着点には 震源があって
        ソレに触れた時が 崩落の時

        衝撃を知っていても
        名前を忘れても

        千本の矢は 私を貫く
        取り巻く吐息の数を シルシとして


        数える



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.