file.1202;『八番目の竜』


20110224


        私は 八番目に生まれた

        世界の 水の底に溜まる泥濘(デイネイ)
        前傾の姿勢で 私は轢かれた

        痣が竜の形を(エガ)
        血の色が熱を帯び

        あなたが私に近付いた


        私は 八番目に生まれ
        世界の 空の上に昇る雲竜
        前傾の姿勢で 私は惹かれた

        あなたが私に近付き

        私は 八番目の詩を詠んだ

        ソレは 秋の暮れに書いた思慕
        前衛の辞世で 私は別れた

        私は焦がれた ただ一度
        八番目に出会った あなたに

        あなたに


        そうして別れを告げた



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.