file.1200;『 the 7th year 』


20110211


                       頬を濡らすのは 何色?
                       安住の目印を 探し歩く

                       声を掛けず 放っておいて
                       感情の整理が 未だなの、と

                       行方も告げず 出てゆくキミを
                       僕は引き留めなかった

                       この弓を引くまで 待っていて
                       限られた精神(ココロ) 凪を待つ
                       いつか押し戻されぬ 飛信(ヒシン)を手に
                       扉を叩くから

                       キミは そう云っていたね

                       傷付けず居るには少し 距離が近過ぎて
                       何も見ず居るには少し 風が強過ぎて
                       思い遠ざける為 今は 世界 隔てよう


        この雪に 埋もれたならば
        感情の体温まで 奪われ

        並べられた人形のように
        微笑んでいられるかな?

        叫んだ言葉 キミを愛す為
        ただ 守りたいだけだった

        ヒトは何処で エゴを拾うのか
        公海の果てで捨てられるのなら
        月の光で 焼けばイィ
        諦めた体ごと

        追憶 辿る涙が

        探し当てた 7つ目の 可能性の糸
        キミの待つ あの部屋へ 戻る勇気を
        喧騒の中に 見出したから
        もう 帰り着くから


                                    傷付けず居るには少し 距離が近過ぎて
                                    何も見ず居るには少し 風が強過ぎて
                                    思い遠ざける為 世界から離れたけど
                                    もう 帰り着くから



Copyright (C) 2011 8186*60 all rights Reserved.