file.1185;『はな』


20101210


        雫星(シズクボシ)を (ソラ)に投げましょう
        叶うならば 何を(ノゾ)むの?

        雨降りも直ぐに 花を降らせます
        冷たさを この手で感じられるのなら

        分かれ道のトコロまで戻り
        陽が暮れて沈むまで待ちたくて…

        雫星(シズクボシ)を (ソラ)に投げましょう
        叶うならば 何を(ノゾ)むの?
        優しさを見せる素振りだけでも
        私の気持ちは昇華する 花吹雪


        千の原を 駆け抜けるウサギ追い
        花冠 載せて貰い 笑顔こぼした

        痩せ細る月が悲しくなり
        真夜中に部屋の窓を叩いた

        風花カザハナ 吹き荒れて群雲
        塞がれた目 ()くコトはなく
        二度と交われぬ別れを知るも
        忘る術は(マジナ)うが如く 枯れを待つ


        雫星(シズクボシ)を (ソラ)に投げても
        叶うモノは 一に満たなくて――

        蔓橋カズラバシを 渡りきりましょう
        谷の向こうには 星も出る
        決して忘るるコトはない程に
        思い()いた月日愛しや 花吹雪



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.