file.1182;『月並みブラッディ』


20101209


        自分に正しさを課すことが
        一握りの正義だと 信じていた
        曖昧に見える 外界(ソト)から離れて

        融け出す外壁(カベ)の向こう
        ふわりと 君が見えた

        投げ出しても 後悔しないのなら
        何処かに閉じ篭ること ソレさえ
        月と波が 引き合うような
        面影を映した水平線

        喩えを間違った小指に結ぶ
        赤き糸に ハサミを入れよう


        世界は私に無断で 期待(ユメ)を勝手に呼び寄せるの
        アナタからは 一枚の返事も無い
        内壁(カベ)の中

        現実の境から
        サナギを 破る蝶が

        睨み付ける最初の 景色には
        朝露 滴る 懺悔・戸惑い
        悲しみに次ぐ感情が舞い
        遅れて仕合せを呼ぶ潮風

        未来を見限った小指に結ぶ
        赤き糸が 血を流していた


        やがて消える 2つの重なり合う場所で
        空を切った瞬間 手と手が触れた――

        投げ出しても 後悔しないのなら
        何処かに閉じ篭ること ソレさえ
        月と波が 引き合うような
        面影を映した 水平線

        喩えを間違った小指に結ぶ
        赤き糸に ハサミを入れよう



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.