file.1176;『サンシャイン・ダスト』


20101126


        朝起きて当然のニチジョウ
        夕方には何もかもが嘘みたい

        目の前でシャッターが下りてゆく
        真っ暗な闇に晒されたカラダが
        ココロまで透けてって…

        光の中を 一つも思い出せない
        今日あったコトも 消えてゆく
        地獄は外の世界の何処にもナイ

        ソレを知る今
        世界は 少し青みがかった景色(イロ)で見えてるんだ


        夜眠る前 不自然に
        今日のコト 口に出したりしてる

        書き留めていないコトが凡て
        妄想の彼方へ消えるような そんな
        怖さを誰が認めて

        呉れるのでしょう サカサマに成っても
        ナニも見えないコトが 怖くて
        動き出せない どうか分かって欲しい

        現実からは 案内だけが来る
        逆さの僕にも ……届くんだ


        光の中を 一つ思い出せるなら
        今日あったコトも 消えはしない
        地獄は僕の世界の真ん中にアル

        ソレを知る今
        世界は 少し青みがかった景色(イロ)で見えている



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.