file.1136;『 fire that god threw away 』


20100911


        ネズミ色のパーカー着て
        どんより曇り空の下 飛ばしてく

        求めるモノの為
        踏み出した 最後の贈り物

        受け取ったから
        ボクらは 応えたい
        何かに立ち向かうコトを 意地を
        何かで立身するコトを 青空(ユ メ)

        報いたいが為に 生きてるんじゃない
        でも――


        残り弾を気にしながら
        キミは未だ 何も知らない終焉(エンディング)

        この足音を聞け
        絶望を 反転させる反響(ウタ)

        聖地のように
        底から 生まれ付く
        神が捨てる聖火を取れ 何が
        畏れを植え付けても 怯むコトなく

        迷いを遠回りの一つ だと
        信じて――


        受け取ったから
        ボクらは 応えたい
        何かに立ち向かうコトを 意地を
        何かで立身するコトを 青空(ユ メ)

        報いたいが為に 生きてるんじゃない
        でも――



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.