file.1118;『創傷』


20100810


        見届けたいと口にしたコトも忘れ
        足の先が見えない

        消え掛けてゆく 温もりの
      「続き」は もう無くて

        何を願っていたのだろう 今まで
        もっと別の 選択が ぼくには出来た筈なのに
        続いているのは この創傷(キズ)の痛み
        それとも 抱える後悔の侵蝕だろうか


        次の一歩を踏み出す為に ぼくらは
        覚悟を繰り返した

        これで最後だ とは誰も
        思わずに迎える

        何でもない日々が誰かの 心に
        深く刻まれてゆくのなら それでも良い と思う
        続いているのは この創傷(キズ)の痛み
        それとも 抱える後悔の侵蝕だろうか


        何を願っていたのだろう 今まで
        もっと別の 選択が ぼくには出来た筈なのに
        続いているのは この創傷(キズ)の痛み
        それとも 抱える後悔の侵蝕だろうか

        残された言葉が 「左様なら」だと
        (ユダ)ねる意思と共に有るなら 伝わるだろう



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.