file.1113;『奇跡の通り道』


20100804


        頭上通り過ぎて 雲の高さ超えて
        広がる蒼のスクリーン

        小さな木を飛び越えた そんな日々の続きに
        この景色は微笑み掛けた

        飛び立つまでの時間は 信号待ちの夏日のよう
        ココロの中で数える …あと300秒

        high sky! 詰め込んできた 凡てが花開く時
        hi, mates! 奇跡が通る道から 風が吹いてきたんだ
        近付く軽やかな足音 迎えよう
        期待してきた世界が始まる


        日が沈む方向と反対が東
        君と学んだコトだけが

        僕の凡てじゃないケド 受け入れた毎日が
        胸を張れるモノだったから

        この虹を渡る先 どんなに遠く離れようとも
        今日の日を 一つだって忘れないよ

        not cry! 作り始めた 思い出を完成させよう
        your face! 隣同士から始まる物語を結ぶ
        君とのコト 誇らしく秘め 立ち上がり
        一人歩く 奇跡の通り道


        目指すモノに形は無く 掴めずに藻掻くけれど
        恵みに触れるチャンスはある 信じるコトを()めても

        with you! 投げ出したままの思い出を完成させたなら――



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.