file.1110;『スカイ・エコー』


20100727


        落ちてゆく光の多さに 世界が終わると呟き
        燐火(リンカ)の移動に釣られて 僕らは逃げ惑う

        明日(アシタ)からの朝日 積み上げて
        怒りを海に沈めたら また何か大切なモノ
        手に入れられる そんな気がして――

        時を紡ぎ 舞い散る砂 振り捨て
        起きている凡てを否定しながら
        起こる筈のナイ奇跡を うわ言のように
        諦めきれず 神風を呼んでいた


        一秒毎に悔やむ日々を過ごして 何度も泣いた
        未来を変える為 別の道を行けるならば

        過ちの先の僕は 何処へ
        捨てられてしまうのだろう 要らなくなったガラクタは
        僕自身の 成れの果て …嗚呼

        時を紡ぎ 舞い散る砂 振り捨て
        起きている凡てを否定しながら
        起こる筈のナイ奇跡を うわ言のように
        諦めきれず 神風を呼んでいた



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.