file.1108;『銀 色 合 縁(ギンイロアイエン)


20100721


        譜面に落ちた一滴(シズク)が 奏でる
        一面の銀色 ぴしゃん…と静止


        足跡に残る 一歩の重さ
        連綿と続きゆく 水際(ミギワ)

        夏と冬の狭間(ハザマ)で 溶け出すココロ
        結んだ絆の色 千の光 放つ

        この出会いを「不思議」と キミが繋ぐなら
        次の世に引き継がれゆく(エニシ) 一欠片(ヒトカケ)
        手を触れる それだけで通じ
        手を振る それだけで親愛は結ばれる


        互い結わえ 固く 「離れぬよう」
        そんな過去に頷く間際

        見つけた居場所から 旅立つキミの
        その背を僕らで押す 涙など見せない

        探し続ける 其々の仕合せへと
        辿り着く為 行先(ミチ)を分かつという …だから
        友よ いや忘れ得ぬ日々
        近過ぎた距離を 少し「延ばす」だけ good bye



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.