file.1098;『手法と時代』


20100703


        朝靄(アサモヤ)に輪郭が発見され
        欠損を補正する瞳の存在が明らかになった

        ソコから派生し
        夢を預言に見立てたり 動物をヒトに例えたり
        意識の欠点を強引に隠す方法が主流と成った

        神は生きていたり 死んでいたり…と 忙しい
        居ると云われたり 居ないと云われたり
        住む場所を転々とする 根無し草

        飽きは忘却に通じている
        広範囲に渡って浸透するコトで 時代に刻まれる
        過去歴は 封印の手法を後世に伝えるが ソレダケだ

        投擲(トウテキ)せよ
        これらの言葉には (ジツ)がナイ

        意味の通るように組み立てられているが
        実際は――



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.