file.1091;『 now loading.. 』


20100620


      ( now loading.. )

        キライなモノだけど 「無くなってしまえ」なんて
        坂道下る自転車と同じ だから

        気持ちが落ち着いて 両足を着地()ける頃
        振り返る地点に 自分(ボク)は もう居ない

        夜を迎える度 記録を残して
        その時点(トキ)を読み込めたなら …変わるのカナ?
        きっと望まぬ未来が押し寄せてくる現実に気付く
        絶望の連鎖が 踏み止まらせて呉れると
        信じるしかない――


        キライなモノだから 「無くなってしまえばイィ」
        一つ間違えば 二つ目も疑われ

        何をすれば 許されるのかを探しだす
        月の明かりは 過ちを(ノガ)さない

        引き出された広間は 人々の視線に
        息をすることさえ 許しを請うべき場所
        この結末に辿り着かぬよう 分岐する点まで戻れるのなら
        差し出せる凡てを 差し出すコトが出来るカナ…


      「例え」すら無い この現実でも
        貫くしかない――



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.