file.1064;『魂ぐらり』


20100424


        その背中 見送るコトが 私の一つの日常だったから

        いつもみたいに ココに居て
        時間に追われて

        ドアを開ければ 幻が戻る
        そんな気がしている けれど

        いつか否定しなければいけない朝が来て
        目を覚ますのでしょう

        望まれているコトは ちゃんと分かっていると
        繰り返すけど 繰り返しても 繰り返す度
        私の言葉に 応えて呉れる その声が無いコトに
        繰り返し…

        目を覚ますのでしょう
        いつか否定しなければいけない朝が来て

        そんな気がしている けれど
        ドアを開ければ 幻が戻る

        時間に追われて
        いつもみたいに ココに居て

        その背中 見送るコトが 私の一つの日常だったから



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.