file.1037;『時計塔とエルゴ』  /  「Web詩誌:彩蓮」投稿作 (2010/3/30発行)改


20100311


        ヒトに(ソナ)わる「期待する」って機能
        発達の時刻(トキ) 迫ってる

        文明が出発したら
        精神(ココロ)肉体(カラダ)の分離を発見 繰り返されるエルゴノミクス

        生きるだけを目標に掲げ
        語彙の尽きるまで 果て無く競い合う
        二人… 終焉のラボで
        ニッケルのような触媒 求め
        僕らはエルゴの深みにハマってく


        キミの影から生えた羽には昨日の
        (オモリ)が付いて 揺れている

        時の進み方に
        疑問を抱いて、既に真剣 振り回される ergo の mix

        途絶えるだけの人生を捧げ
        恋が飽きるまで 寄せる波に任せ
        二人… 終幕の果実
        ヘッケルのような生き方 求め
        僕らは進化の澱みにハマってく


        何度も 嗚呼
        僕らはエルゴの深みで

        溺れるように彷徨い()でて
        透過した指が 探り当てた吐息
        二人… 永遠の帰港
        ニッケルのような触媒 求め
        僕らはエルゴの深みにハマってゆく



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.