file.1028;『いと』


20100305


        目に見えてるのに 見え過ぎてるから
        そのヒミツには気付かなくて

        血が隠した大事なモノ
        遠くから見る今は その赤色縁(イト)を感じます

        気配のする方 振り向けば
        何もナイ空間(ソコ)には 瞼の裏の残像
        火の前に立つ 後ろ姿
        玄関で騒ぐ声 合図に
        目を覚ます …ただいま


        いつかサヨナラを 口にするでしょう
        思い出を振り返りながら

        ボクの後悔に連なる
        アナタの影 追い掛け 優しい声を聞いた

        気がしただけでも スクワレル
        何も出来ないまま この手 離したコトも
        振り向く空間(ソコ)で 頷いてる
        言葉が追いつかない 出会いに
        捧げます …このウタ



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.