file.1025;『常灯明(ミアカシ)


20100228


        後ろ暗いコトは幾つ 星のように数え切れない程
        振り切らなければ 前には進めない舟のよう

        流れに逆らうのは 見ている以上に厳しくて
        意志の力だけでは 呑み込まれてしまう

        噛み合わない歯車が 弾き出されるみたい
        見えない筈の時間に 取り残されたのが分かって
        傷付きたいと願ったコトも無いのに
        現実は 僕と道を分かつ


        言葉にして分け合うから 形の無い期待が膨れてく
        見破れないウソ 零れゆく遠き日の情景

        ヒトの言葉 聞く度 頷くべきか迷う…だけど
        心配だから、なんて 僕なら平気だよ?

        生きてゆく力ずっと 此処に有る筈だから
        独りでは立てないと 分かっているからこそ こんな
        場所でも無理が出来て 帰るトコロに
        現実は 灯火(キミ)を点してる


        生きてゆく力ずっと 此処に有る筈だから
        独りでは立てないと 分かっているからこそ

        噛み合わない歯車が 弾き出されるとしても
        見えない筈の時間に 取り残されたのが分かっても
        辿り着く其処で きっと 何か一つの
        現実が 僕に微笑むのなら
        何もかも 携えて()きたい



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.