file.1008;『月シルベ』


20100116


        遠く恒星(ホシ)は命を絶ち ガス(マミ)
        月は姿を隠し 私は ひとりぼっち

      「救える自分」に目隠し
        冷たい指を掴めば 直ぐに目覚めたのに…
        この時間の浪費を 取り戻すには
        どうすれば…?

        過去を崇め過ぎるのは 愚か
        アナタは もう居なくて
        それなのに 人々は今になって 口々に誉めそやす
        アナタは もう居ないのに
        残酷だと理解しないのは何故?
        感じるべきアナタに 誰もサヨナラを告げなかったのに


        優しさと比較可能な(クラベラレル)金貨を持って
        世界の片隅で生きていた、と 教えられた

        傷付ける人々を責め
        傷付けた自分は無視 都合のイィ私
        償い方を知らず 怒りを ただ
        吐き散らす

        偉人ヒトを崇め過ぎるのは 愚か
        もう「居ない」 意味など無い
        分かってる 牽強付会(コジツケ)だ、と だけど私は(イマ)だ幼く
        何かに 楯突くことで
        信じたい説に縋り付こうと
        必死に足掻いている 愚かなのは誰なのか、聞かずとも…


        過去を崇め過ぎるのは 愚か
        彼らは 不満を溜め込み 諦めた灰のカケラ

        それなのに 人々は今になって 口々に誉めそやす
        彼らは もう居ないのに
        これこそが償いだ、と云うように
        その偉大さの裏側で 恥じる人々が手を伸ばしていた
        感じるべき彼らに 私も誰もサヨナラを告げなかったから



Copyright (C) 2010 8186*60 all rights Reserved.