file.966;『側撃雷』


20091024


        バッドエンドに向かう「続き」に 巻き込まないで
        呼んでもいないのに キミはボクを置いて行こうとする

        1つを分け合い 「足りなく」感じても
        満ちる砂が 体 繋ぎ止め

        泣いているより 必死に足掻く方が マシだと気付き
        別れより 「送る」方が ステキだとボクは知った――


        逆さに訪れた喜劇を 見縊っていた
        魔が このココロ「刺す」ツルギと成って(ワダカマ)

        氷は融かせば 枯れ木なら燃やせば
        トゲは抜けば 小指なら「切れ」ば

        思い出の中 果たされぬ約束と 引き換えにして
        今を平坦に生きる 「このまま」を ただ願った――



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.