file.951;『波間』


20090919


        連なる空の先 雨雲の手が掠める
        街を駆け抜けるニュースが 止め処なく泣いていた

        傘を下ろして見上げれば ビルの隙間に映る海
        影と(ハグ)れた迷い人 流した小瓶に願い託す

        常永久の(メグ)り 荒波を割き
        振り払った手を懐かしむケレド
        絆 結ぶコト怖れ 沖へ流れ出た彷徨い星のよう


        夜明け前に不安が()ぎる 黄色の太陽 探そう
        旅に出る報せも無いまま 漕ぎ出す舟の陰に混じる

        波音(オ ト)に揺られ 明日(ア ス)波飛沫(ナミシブキ)
        岩に散った傷跡 思い出した
        時計の針が止まった 置き去りのココロと同じ宵闇


        その夢想(ユ メ)の舞台は いつでも
        見慣れた手狭の風景で… よく知る会話(オ ト)で溢れている

        常永久の(メグ)り 荒波を割き
        振り払った手を懐かしむケレド
        また失うコト怖れ 沖へ流れ出た彷徨い星のよう
        この指に孤独の旗を刺し 溢れる血塊(チカイ) そっと舐めた



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.