file.908;『羽振り』


20090716


        ――詰まり「世界は異質」だ。

        結論が出て、歓待される謂れも無くて、
        ボクは閉じ込められてしまった。

        享楽に溺れても、思い描いた素晴らしさとは違っていて…。
        空想に(フケ)っても、思い馳せた理想では無いのだと分かって…。

        世界は「同質の存在」を好む傾向にある。
        同じモノが好きなモノ同士で円卓に集まる。

        そいつ等にハブられたボクは、完全に「異質」を象徴していた。
        象徴なんて云うケド、「白いハト」からは大分 懸け離れている。

        まぁ、イィけど…。
        詰まり、異質なのは「世界」では無く「ボク」の方だった。

        だけど そんなの、どうだってイィ。
        ボクから見れば、結局「異質」なのは向こうなのだ。

        恣意(シ イ)的な解釈で「観点」を移動させたトコロで、
        現状に劇的な変化があるワケでも無し。

        詰まり「世界は異質」なのだ。



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.