file.869;『修羅の臨界』


20090617


        自覚が生れる場所は、反撥の吹き溜り。
        罪の訪れが、人々を偽らせる。

        自覚が生れる誓書(セイショ)は、誠実の人格。

        彼は「我々を救う」為に説いたのか…?
        その姿勢は誤りかもしれない。

        心の奥に封じている「社会」が、個人(ボク)を見詰め直す時――。



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.