file.745;『 Identity (2nd) 』


20090124


        観測される者なら 其処に立っていられる。
        観測する者だけが 此処に立っていた。

      「尊属(ソンゾク)より受け継がれ、
          少数他者と自らの承認を受けて存続する【歴史】である」

        自らを「必要とされている何者か」として
        認識できない世界で人は
        とても とても とても 惨めで、
        それは それは それは 否定を掻き立てる存在となる。

        何処から何処までが「自分の領域」か キミは心得ているか?
        ボクの境界は 既にあらゆるモノとの境を 見失っている。
        初めから定められた事柄だったのか…
        それとも自身の所業(オコナイ)に因るモノか?

        兎に角――
        i miss my id, i miss my entity.
        ボクと 他のモノとの区別が デキナイ今……

        観測される者が 其処に立っていた。
        観測する者と 此処に立っていた。

        ボクは その二者が 「同一」であるのか 「個別」であるのか、
        何一つ理解デキナイくらい 自己を見失っていた…。



Copyright (C) 2009 8186*60 all rights Reserved.